第3回「無線LANルーターの調整」

2015.02.13

第2回までで、以下の2点がクリア出来ました。

 

1)RT-S300SE ブリッジ化成功(ひかり電話端末として動作)

2)無線LANルーター PPPoEでの接続成功、ルーター機能も有効

 

今回は有線接続と無線LANルーターの調整、そしてRT-S300SEへのアクセス方法をご説明していきます。

 

1)有線LANで接続する。

ではデスクトップパソコンを接続してみましょう。

無線LANルーターの設定を始める時、ケーブルを全部抜いた時にパソコンの電源も切りましたか?

電源を切っていない人はルーターに接続する前に再起動をして下さい。

再起動する事でパソコンに残っていたIPアドレス等の情報が消えるようで、これが残っていると上手く行かなかったりするので念のため。

 

再起動したら無線LANルーターのLANポートに接続して下さい。

1~2分ほどで無事に接続されると思います。

 

2)パソコンから無線LANルーターの設定画面を開く。

ブラウザのURIの入力欄に「http://192.168.11.1/」等の管理画面へのアドレスを入力して下さい。

それで無事に管理画面に入れると思います。

※万が一入れない場合はLANアダプタの診断をする(自動的に1度LANアダプタが再起動されると思います)またはIPアドレスを確認する(192.168.xx.xxのxxの部分が違う事があるかも?)

 

3)無線LANルーターの調整をする。

RT-S300SEでは出来ない様々な調整が無線LANルーターでは出来ます(メーカーやモデルによりますが)

動画再生の優先順位を上げたり、無線LANの高速化に挑戦したり色々楽しんで下さい。

 

コヒ蔵的にいつもしているのはDHCPリースの調整。

通常は192.168.xx.1が管理画面で192.168.xx.2からリースが始まる様に設定されています。

それを192.168.xx.40の様に少し大きい数字からリースが始まるようにしています。

開いた2~39まではプリンターやテレビ、パソコン等の常に接続しておく機器にIPを割振り、固定化して使うようにしています。

別に何も変わりませんが気持ちの問題です(^^ゞ

 

4)RT-S300SEへアクセス出来ない?

さて、無線LANルーターも無事に設定できて何より何より。

でもRT-S300SEへアクセスしようとしてもアクセス出来なくなっているのにお気づきでしょうか?

 

無線LANルーターで割り当てられるグループは192.168.11.xx(今回の場合は)

RT-S300SEは192.168.1.1でアクセス出来ます。

3番目の「11」と「1」が違うと別のグループになってしまうので、相互に通信が出来ないのです。

 

これを解決する為の方法をご紹介します。

 

5)パソコンに固定IPアドレスを設定する。

WS000074

コントロールパネルから「ネットワークと共有センター」を開きます。

 

WS000075

有線LANのアダプタを右クリックしてプロパティを選択

 

ruta-001

IPv4の項目をクリックしてプロパティをクリック

 

ruta-002

RT-S300SEへのグループに入れるようにIPアドレスを手動で設定してあげます。

 

ここまでしたらパソコンを再起動しましょう。

 

6)RT-S300SEへのアクセスする

この状態ではインターネットに接続できないため、有線LANのアイコンにビックリマークが表示されたりしますが無視して下さい。

この状態でブラウザを開き「192.168.1.1」と入力するとRT-S300SEにログインできるようになります。

終わったら(5)で設定した固定IPを自動取得に戻し、パソコンを再起動すればOKです。

 

 

さて、まとめてみるとそれ程複雑な行為で無いようですが、如何でしたか?

私は作業を完了するまでに数日を要しました。

なかなか情報がまとまっていないので余計に四苦八苦しました(^^ゞ

 

同じような環境でRT-S300SE等をブリッジ化できなくて困っていた方のお手伝いになれば嬉しいです。

間違っている点、説明が不的確なところなど有ればご指摘下さい。

2015年2月13日¦ カチEリEE?php the_category(' - '); ?> ¦ コメンチE?php comments_number(' (0) ',' (1) ',' (%) '); ?>

第2回「無線LANルーターをルーターとして使う」

2015.02.13

第2回「無線LANルーターをルーターとして使う」

 

続いて行きましょう。

1)無線LANルーターをRT-S300SEのLANポートに接続する。

この時点でまだパソコンを接続しないで下さいね。電源は入れてもOKです。

無線LANルーターを初めて起動する人はそのままで、一度でも使っていた場合は「リセット」を行います。

リセットが終わったら、電源を切っておきましょう。

 

無線LANルーターの電源は落としたままで、RT-S300SEのLANポート(1~4どれでも良いです)にLANケーブルを差込みます。

それを無線LANルーター(今回はWRZ-1750DHP2)のWANポートに接続します。

 

2)無線LANルーターの電源を入れる。

無線LANルーターの電源を投入して下さい。ランプが点滅して初期設定を開始します。

※ここでおやつが無いか探しに行きます。コーヒーのお供なのでチョコレートとか、ドーナツなどが望ましいです。

「いや、おやつなんかないし」と諦めないでっ!とにかく一度パソコンの前を離れましょう。

どうしても動きたくない人は無線LANルーターが起動するまで2~3分は触れずにじっくり待ちましょう。

 

3)無線LANルーターの起動状態を確認する。

ここで、インディケーションランプが「ルーター状態」である事を示しているか確認して下さい。

もし、「ブリッジモード」や「アクセスポイントモード」を示す状態になっていれば切替スイッチなどで「ルーターモード」に変更して下さい。

オートやルーターモードであれば次に進みます。

(この時点ではインターネットにつながっていません。)

 

4)無線LANルーターのWiFiに接続する。

無線LANルーターの設定を行いますが、有線接続でなくスマートフォン等のWiFi接続機器からの設定をオススメします。

私の場合はiPhoneでしたが、WiFi接続できるノートパソコンとかでも良いですね。

初期化してあるのでデフォルトのSSIDやパスワードが用意されている筈ですので、まずはWiFiで接続しましょう。

 

5)PPPoEの設定を行う。

WRZ-1750DHP2の場合はルーターの無線を掴むと自動的にPPPoEの設定が始まります。

「回線自動判定中」とか表示されますが、上手く判定できない事も多いようです。

手動で設定したり、設定画面を開く等を示唆するリンクが表示された時はそちらをクリックして、設定画面まで辿り着きましょう。

PPPoEの設定はブロバイダから提供されているIDやパスワードの登録になります。

回線種別(Bフレッツかフレッツ光ネクストか等)やフレッツ接続(フレッツ東日本、西日本等)はご自身の環境に合わせて選択して下さい。

 

 6)PPPoE接続の試行

設定が終わるとPPPoEでの接続に挑戦します。

IDやパスワードが間違っていなければまもなく接続完了になるはずです。

※上手く接続できなかった人は一呼吸置いて、コーヒーのおかわりを作りに行きましょう。

落ち着いたらIDやパスワードを1つずつ再確認し、誤字脱字が無いかをチェックして下さい。

 

上手く接続できたら一安心です。

 

次回は優先接続やブリッジ設定後のRT-S300SEへのアクセス方法についてご説明します。

 

 

 

 

¦ カチEリEE?php the_category(' - '); ?> ¦ コメンチE?php comments_number(' (0) ',' (1) ',' (%) '); ?>

第1回「RT-S300SEをブリッジ化するには」

2015.02.13

以前からフレッツ光ネクスト(Bフレッツから自動移行)で使用しています。

今回無線LANルーターをバッファローのWRZ-1750DHP2に買換えましたが、その際に宅内のLAN環境を見直そうと思いました。

 

そこでぶち当たったのが「ひかり電話用モデムRT-S300SEをブリッジ化して無線LANルーターと接続する」という至って簡単そうな内容です。

 

ルーターというのは1本の回線に対して、デスクトップパソコンやスマホ、プリンターなどの宅内LAN接続機器が正しく通信できるように番地を割り振ったり、交通整理をする役割を果たします。

RT-S300SEはこのルーターの機能を持っているので、普通はこのLANポートに有線で接続すれば問題無く交通整理をしてくれます。

 

回線終端装置  → → → RT-S300SE → → → パソコンなどに有線接続

(ONUやVDSL装置)

 

ここで「無線LANが使いたい!」となると、冒頭にも出ました無線LAN機能のついたルーターを別途購入するのが一般的です。

この無線LANルーター。名前の通りルーター機能を有しています。

ここで問題が発生するのですが「1つのネットワーク内に複数のルーター」という構成はやってわいけない構成なのだそうです。

 

一つの交差点に複数の信号機が存在するようなもので、大変な騒ぎになるそうです。

 

で、どうするかと言うと

 

「無線LANルーター」を「無線LANアクセスポイント」にして使う。

 

というのが一般的な解決策。

 

やだー(´・ω・`)

 

せっかく新しい無線LANルーターを買ってきたのに、どうして古いルーターに交通整理を任せて新しいルーターは機能を停止しなくてはならないの?せっかくだから新しいルーターに効率よく交通整理をしてもらいたい!

 

というのが、今回の事の発端です(笑)

 

情報がなかなかまとまっておらず、検索しても全然スッキリしない大変な作業でしたので、何回かに分けて簡単にご説明したいと思います。同じ問題に直面している方の役に立てればと思います。

メモ的な内容なので、自己責任でご活用下さい。

 

第1回「RT-S300SEをブリッジ化するには」

最初にして最大の難関はRT-S300SEをブリッジ化する方法です。

※ブロバイダへのPPPoE接続用の情報等が手元にあるか、しっかり確認してから作業を始めて下さい。

※結構時間が掛かります。というか、「待つことが大事」なので焦らず行きましょう。

 

1)全てのLANケーブルを外す。電源を抜く。パソコンも電源を切る。

一度、パソコン、ルーター、ONUやVDSL装置等、あらゆるLANケーブルを外してしましましょう。

環境をまっさらにすると今までの設定を無かったことにして作業が進められます。

 

2)ケーブルのカテゴリをチェック

せっかくなのでケーブルのカテゴリをチェックしておきましょう。

1000BASE-TならCAT6ケーブルが必要ですし、100BASE-TならCAT5という様に、宅内LANの通信規格によって必要なケーブルの規格も違いますよね。

もし、古い規格を使っていたらせっかくなので買い直しましょう。

 

3)ONUやVDSL装置の電源を入れる。

まずは回線終端装置の電源を入れます。

※ここでコーヒーを飲むためのお湯を沸かします。

お湯をセットして戻ってくると、ランプの明滅もすっかり止まり、接続が完了しているハズです。

お湯が沸いている人は1~2分待っていて下さい。

 

4)RT-S300SEと回線終端装置をLANでつなぐ。

回線終端装置のLANポートにケーブルを挿し、RT-S300SEの「WAN側」と記載されたポートに接続します。

きちんと差込まれたか確認して下さい。

 

5)RT-S300SEの電源を入れ、「リセットボタン」を長押しする。

電源を入れて、ランプがピコピコ始まったら本体の裏側にある「リセットボタン」を押し込んで下さい。

2~3秒程押しているとリセットが始まるので、始まるまでは長押ししながら待ちます。

リセットが始まったらボタンを放してOKです。

※さぁ、コーヒーを淹れに行きましょう!オススメはゴールドブレンド。

初期化にはそれ程の時間は掛かりませんが、気持ちが焦るので先程湧いたお湯でコーヒーを淹れに行きます。

ツイッターに「初期化なう」など投稿してみるのも良いかも知れません。

きっちり初期化が終わるまで2分位は放置して下さい。

 

6)初期化状態を確認する。

「初期状態」のランプが点灯していて、「PPP」ランプが消灯していれば初期化は成功です。

※ひかり電話を使用している方は「ひかり電話」ランプが点灯していいると思います。

この時点でひかり電話は使用できます。

 

次回は無線LANルーターの接続です。

 

 

¦ カチEリEE?php the_category(' - '); ?> ¦ コメンチE?php comments_number(' (0) ',' (1) ',' (%) '); ?>

INST-web、E器屋Walkerは「さくらのレンタルサーバE」を借りて運用してぁEす、E/p>

2017年5月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Photo Hito

PHOTOHITOブログパーツ

音楽素材Musmus

電器屋WalkerのBGMはこちらを利用させて頂いております。

RSS FEED

INST-web [ ストブロ ]のRSSフィード