Podcastの基礎知識

コーヒー主観のポッドキャスト総論

1-3.Podcastの市場規模

執筆者 | 2021年11月19日

1-3.Podcastの市場規模

 日本ではPodcastは収益性が伴わない、趣味の活動としての印象が強くありました。それは「儲けるのを嫌う」という日本人の傾向が影響しているかも知れませんが、マネタイズとの相性が悪い点も大きく影響しています。

 一方で海外では企業活動の一環としての立場が確立されています。
 日本の2020年の市場規模は16億円と言われています。市場規模16億と聞けば、おそらく多くのポッドキャスター達は驚きをもってこの数字を受け止めるでしょう。私達にその実感はありません。
 2025年には420億円になるという推計もあり、経済活動としても注目を集める分野になっているようです。

 Business Insiderが2021年4月20日に掲載した記事「アメリカのリスナー数は1億670万人を突破。ポッドキャストの市場予測と広告費:eMarketerレポート」によると、アメリカのリスナー数は2020年に前年比16%増の1億670万人に達すると予測されている。また、週に1回以上ポッドキャストを聞く人の数は7790万人で2016年と比較して2倍以上になることになります。

 「既存のメディアではリーチ出来ない層に対して有効」という考え方が広がり、アメリカでは2020年末に前年比10.4%増の約850億円の広告費が投じられた。現在Podcastを通じて行われる広告活動の40%程度が「ブランド認知度向上」を目的に行われているとされている。

参照URL https://www.businessinsider.jp/post-233400

 電通が2021年3月10日に掲載した記事「2020年日本の広告費インターネット広告媒体費詳細分析」によると2020年のインターネット広告媒体費1兆7567億円のうち、動画広告は3862億円全体に2割を越えました。一方で音声広告は「その他のインターネット広告」として扱われ、独立した統計値は公開されておらず、分類合計で200億円となり全体の1%にも満たないとあります。「2020年日本の広告費」によるとラジオは1066億円、radiko等のラジオデジタルは11億円の市場となっているとの事です。

参照URL https://www.dentsu.co.jp/news/release/2021/0310-010348.html


電器屋Walkerの過去配信のBGMで利用させて頂いております。

ポッドキャスト品質向上、整音テクニック 解説Live

開催のお知らせ

詳細はこちら

国際ポッドキャストの日

International Podcast Day Event

ツキイチ - 隣のポッドキャスト

まとめファンサイト